MASTA 機能

MASTAは、核モジュールのアップと追加の設計コンポーネントと高度な分析機能を備えた75の追加モジュールを介して行われ、MASTAは、特定のユーザーもしくは業界の要件に合わせて、細かく調整することができます。

核モジュール機能性

核モジュールは、シャフト、ベアリングと円筒形ギアを使用して、ギアボックスとトランスミッションシステム設計のためのCAE環境を提供します。

核モジュールの設計機能には、以下が含まれます。

  • 3Dヴューとインタラクティブな2D設計ヴュー
  • カタログで、44,000以上のベアリングを備えた包括的べアリングデータベース
  • ギアとシャフトなどのための豊富な材料データベース
    • EN 10083 & 10084, ASTM A48 & A536, GB/T 3077 & 1348, JIS G 4051, 4052, 4104, 4105
  • 円筒形ギア、シャフト、ベアリング、クラッチ、シンクロニザー、スプライン、他のカップリングを追加します。
  • 電源と荷重点を指定し、荷重条件とデューティサイクルを設定します
  • インポートした2D CAD図面を使用することを含む編集シャフトプロファイル(.dwg/.dxfファイル)

核モジュールでの分析機能は、以下のとおりです。

  • 電源フロー
  • システム偏向
  • 円筒形ギア荷重と誤整列
  • ISO 6336、  DIN 3990 、 AGMA 2101-D04で評価を受ける円筒形ギア
  • ベアリング荷重と誤整列
  • ISO 76, ISO 281 、ISO/TS 16281で評価をうけるベアリング
  • シャフト疲労解析とDIN 743, AGMA もしくは SMTで評価
  • 強度や接触比のためのマクロ幾何学形状の最適化