MASTA 機能

MASTAは、核モジュールのアップと追加の設計コンポーネントと高度な分析機能を備えた75の追加モジュールを介して行われ、MASTAは、特定のユーザーもしくは業界の要件に合わせて、細かく調整することができます。

高度モジュール機能

高度設計と基本分析

  • AGMA 925-A03,  ISO/TR 13989、DIN 3990に関する円筒形ギア・スカッフィング分析
  • 円筒形ギアルート加圧分析
  • グリーソンもしくはAGMA 2005 – C96 (設計) / 2003 – B97 (評価づけ)に関するスパイラルベベルギア設計
  • グリーソン、グリーソンやAGMA2003-B97への評価に関するゼロルベベルギアデザイン
  • ストレートベベルギア設計と評価
  • ハイポイドギヤ設計と評価
  • GB10085, GB10087、GB10088に基づくウオームギア設計
  • クリンゲルンベルグ・ギア設計と評価
  • KN3029(設計)とKN3030(評価)へのハイポイド
  • KN 3028 (設計) と KN 3030 (評価)へのスパイラルベベル
  • 遊星歯車設計
  • 設計におけるベルト、チェーン、トルクコンバータ、CVTのカップリングを含みます。
  • DIN7190へのインターフェイス・フィット設計とサイジング
  • スプライン設計と評価 – DIN5480、GB/ T3478、ISO4156、JIS B1603とSAE(ANSIB92.1)、GB / T17855またはSAE設計ガイドに関する評価
  • ベベルと遊星歯車を含む設計
  • マイクロ幾何学形状の最適化

Design including bevel & planetary gears

Micro Geometry Optimisation

高度な分析機能

  • シンプルなストリップモデルまたはFE/ヘルツベースの荷重されたギア接触分析を用いたマイクロギア幾何学の修正と分析
  • 荷重歯接触分析(LTCA)
  • 円筒形、スパイラルベベルとハイポイドギア
  • 遊星歯車
  • パラメトリック研究ツール
  • トランスミッション効率の分析 – ISO/ TR14179-1に、ベアリング、ギア内、およびシール内の電力損失を計算します。
  • 高度なベアリング分析
  • 高度なシステム偏向
  • NVH解析とシミュレーション(利用できるハウジングとシャフトFEの使用を含む)
  • MASTAにFEをインポート

Import FE into MASTA

FEに統合

  • ハウジングとシャフトむけFEモデルをインポート
    • ギアとベアリング誤整列上のハウジング影響を分析
    • 非対称シャフトの偏向や加圧分析を実行
  • ANSYS, Nastran、Abaqusからのインポートをサポート

ギアカットと製造工程シュミレーション

  • 円筒形ギアホブ盤、整形、シェービングのシミュレーション
  • ギアの最大曲げ強度のための円筒形ギア整形またはホブ盤カッタープロファイルとチップの最適化
  • 円筒形ギアホブ盤、整形、シェービング工程シュミレーション、ギアブランクエラー、機械精度、カッター公差、機械フィードとアカウントへのスピードを取得
    • プロファイル、製造される予定のギアのリードエラー、ピッチエラーを予測。
    • ISO 1328 と AGMA 2015 品質のチャートと階級付に記載される
  • スパイラルベベルとハイポイドギア製造
    • 機械設定とカッター最適化
    • 歯車歯面形状のシュミレーションと最適化

MASTA for gear manufacturing