SMTによる電気自動車のパワートレイン開発を完了

電気自動車市場は、自動車産業の主要な成長セグメントであり、将来です。

パワートレインエンジニア向けの新しく、より優れたソフトウェアの開発に努めるSMTは、モーターとギアボックスのシステムレベルの統合に焦点を当てた、まったく新しいMASTA 12を開発しました。

SMTソフトウェア・エンジニアリング・ディレクターのポール・ラングロワは、「MASTA 12は、モーターとギアボックスの両方をシームレスに解析できる初のパワートレイン設計・解析ソフトウェアです。これにより、ワークフローが大幅に改善され、エラーの可能性が減少します。

Paulは続けて、「多くの新機能と改善により、エンジニアの設計および解析能力がかつてないほど向上します」と述べています。「当社の継続的な開発プログラムは、モデルベースの理解を合理化し、コンポーネントレベルとシステムレベルの両方の性能を向上させることに重点を置いています。近日中にさらに多くの機能強化やツールが登場する予定です」とPaul氏は付け加えました。